バイアグラ・レビトラ・シアリス効果徹底比較|ED治療薬解説するWiki » ED症状のレベルと不妊の関係

ED症状のレベルと不妊の関係

 

EDの「軽症」「中等症」「重症」とは


EDの重症度は、性交できない頻度によって分類しています。 重症は「常に性交できない」場合、中等症は「ときどき性交できない」場合、軽症は「たまに性交でさない」場合です。マス夕—べーシヨンではいつも勃起する人でも、たまに性交できないことがあるのなら、軽症のEDとなります。


軽症のEDはパ—トナーとの前向きな対応によって改善することもありますが中等症や重症の場合には専門的な治療が必要になります。


男性不妊の原因


男性不妊にはいろいろな原因がありますが、最も多いのは精子をつくる機能が障害される「特発性造精機能障害」で、これが全体の47.3%を占めています。 続いて「精索静脈瘤」が23.9%、「ED」が20.7%、「閉塞性無精子症」が3.6%、「その他」が4.5%という割合。つまり、男性不妊の5人に1人は、 EDが原因になっているのです。


近年、少子化が大きな問題になっていますが、EDの治療は、少子化対策としても注目を集めています。